リース車が全損事故した場合どうなりますか?

リース車が全損事故した場合どうなりますか?

全損とは、車が修理不可能なほどの損傷を受けたこと、または、車の修理が可能であっても、修理費用が車の事故前の時価額を上回ってしまうことを指します。

 

全損では、保険会社から全損害額の保証を、または、事故の相手方から全損害額の賠償を受けることが可能です。

 

ただし、全損事故を起こした車がリース車だった場合、カーリースの契約は中途解約となり、違約金が発生してしまうことになります。

 

通常、事故の相手方の過失が100パーセントでも、発生した違約金を負担するのは契約者です。

 

しかし、カーリースの契約内容によっては、契約者が責任を問われない場合もあります。

 

リース車で全損事故を起こした際には、交通事故紛争処理センターなどを活用して解決を図るといいでしょう。

 


法人カーリースのメリット 他社と比較して何が違う? いまのりくんのメリット 格安になるプランは?